資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



2008年03月01日

宅建はこの3冊でスタート!  うかるぞ宅建セット + U−CAN

『うかるぞ宅建(週刊住宅新聞社)』(井藤 公量 編)
『うかるぞ宅建項目別過去問(週刊住宅新聞社)』(高橋 克典)
『U−CAN の宅建 速習レッスン(主婦の友社)』(ユーキャン宅建試験研究会 編)
出版年を確認して、最新のものをお買い求めになることをおすすめします。




 宅地建物取引主任者の、おすすめの基本参考書と問題集です。
 あくまで“基本”です。

 この3冊でスタートするのがいいと思います。


 週刊住宅新聞社の参考書は、FPのときも使いました。

 週刊住宅新聞社の参考書は、ページの外から数センチ部分に過去問が載っています。
 だから、いままで勉強したところを復習しながら、さらに問題まで解いて復習することが簡単にできるんです。

 そして詳しい。
 今まで見た感じでは、週刊住宅新聞社のものは、ほかのところのものに比べてしくなっています。
 だから、殆どのことが載っている。これで調べればほとんどわかります


 つぎに問題集

 週刊住宅新聞社の参考書は、問題の解説部分に、参考書の対応ページが載っています
 だから、問題を解いて勉強しようと思ったときにムダが少ない
 もちろん、そういった問題集は他の会社からも出ていますが、参考書を上のものに決めた以上、同じ会社のものでないと意味がありません。

 そして、これは私が感じたことなのですが、
 この問題集は、問題の答えを学ぶというよりも、問題への取り組み方を身につける本です。
 試験でわからない問題が出てきても、この問題集だと、指針が身につけられるから対処できる。


 3冊目の参考書について説明する前に、なぜほかの参考書を選ばなかったのかについて述べておきます。

 よく目にするのはらくらく宅建塾(週刊住宅新聞社)』(佐藤 孝)でしょうか。

 この問題集に限っていえば、いろいろと書いてあるけれど、文字が大きい→内容が少なそう・・・だったからやめました。
 この本の書き方になじめなかったというのもあります。

 ほかの本を見ても、内容が少なそうに思えるものがほとんどでした。
 たしかにこの本で合格した人もいますが、“人それぞれ”というところもあります。
 少なくとも私にはあわなかったということです。

 さて、ほとんどが、内容が少なそうに思えた、じゃあほかの内容のしっかりしたものならよかったの? ということになりますが、『うかるぞ宅建』を選んだ理由はそれだけではありません。

 “1冊”ということです。
 世の中には、LECの本のように、参考書として何冊かにわかれているものがあります。基本編と応用編っていうわけかたのもあります。
 たとえば税理士なんかになると、1冊にすべてを収めるのは不可能ですが、宅建です。
 1冊にまとめることができます。というか、実際1冊にまとめた本が出ています。
 あるところの説明を読んでいたら、これは民法の話がわかってないと理解できない、ということで、民法のページを開くとします。このとき本が何冊もあったら面倒です。問題集も一緒に机の上に広げているとなると、スペースの上でも問題が出てきます。
 だから私はこの参考書。


 では3冊目。
 もう参考書はあるじゃないかという人がいるかもしれません。
 たしかに、参考書はあります。
 しかし3冊目には3冊目の使い方があるのです。

 U−CAN の速習レッスン
 これは、非常にやさしく書かれている本です。まさに初心者向け

 うかるぞ宅建は、確かに詳しいですが、やはり独学でしたから、わからないところが出てきても、自分でなんとかするしかありませんでした。
 U−CAN の速習レッスンは、非常にやさしいため、これってどうなの? と思ったときに、さらにわかりやすい説明を求めることができます。
 そこで理解したら、うかるぞ宅建にもどって、さらに深く理解ができるのです。

 いわば、用語辞典宅建用国語辞典みたいな使い方をしていました。
 もちろん、そんな使い方でしたから、使ったのは10%にも満たないかもしれません。
 しかし、理解が深まったのは事実です。


 人それぞれ、向き不向きがありますので、これは私個人の意見としてご参考になさっていただければ幸いです。

 U−CAN には、U−CAN 速習レッスンに対応した問題集もありますので、私は特に基本をバッチリやって試験に臨む! という人は、U−CAN の2冊でやるのもいかもしれません。



 これはあくまで基本書です。
 私はほかにも何冊か使いました。
 また機会があれば記事にします。

 でも、スタートしたのはこの3冊からです。

 合格したので Amazon で売りました。
 コストはできるだけ減らしたいからw


『うかるぞ宅建(週刊住宅新聞社)』(井藤 公量 編)
『うかるぞ宅建項目別過去問(週刊住宅新聞社)』(高橋 克典)
『U−CAN の宅建 速習レッスン(主婦の友社)』(ユーキャン宅建試験研究会 編)

>> 続きを読む >>


     関連書籍              My Yahoo!に追加
一度は読んでおきたい本!posted by けんじ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。