資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



2009年06月08日

英語の発音はオバケとゴマで解決! 『オバケの英語』

『オバケの英語(宝島社)』(明川 哲也, クレイグ ステファン)

 英語の発音を手っ取りばやく身に付けることができる本です。

 英語が日本語より多くの音を使うのは知っていますよね。英語が日本語より多くの息を使うというのも知っていますね。

 ではその音はどうやって出すんでしょうか、どのように息を使えばいいんでしょうか。

 この質問に答えられる人はわずかです。

 なぜなら、発音というのは“慣れ”だからです。

 ということは、要するに、CD を何回も聞いて、何回もマネをすればいいということになりますね。

 でもちょっと待ってください。
 それを終えるのにどれだけ時間がかかるんですか?


 その発音をさっと身に付けることができるのがこの本です。

 発音そのものの練習は必要ですが、発音の方法についてしっかりと説明されています。

 舌はどのように動かすのかどれくらいの息を使うのか


 もちろん、今までの本でも、舌の使い方息の使い方は書いてありました。ではなにがそんなに違うのか。


 今までの本との違いは、たとえを使っていて、舌の動かし方や息の使い方が明確にわかるところです。  口の動きがとても理解しやすいのです。

 では、その書き方について見てみましょう。
 P.50 にある [k] の発音についての記述を少しだけ引用します。

無声子音 k は、舌の後部を持ち上げて、
上あごの奥に張り付いてたゴマをクゥッと吹き飛ばす。

 この説明は、とても具体的で、また実際の発音正確に著しています。もちろん、図もついているので、迷うことはありません。
 今までの本だと、図がついていても、その後の息の使い方まではわからなかったのではないでしょうか。ここまで書いてあった本はなかったはずです。


 更にこの本の方法では、実際にゴマを使って自分の発音を確かめることができます

 今までの本では、自分の発音を確かめるためには外国人に聞いてもらわないといけなかったはずです。(自分の声を録音して聞いたところで、それが正しいのかどうかを判断するのは難しいですよね。)


 [k] は、日本語の「かきくけこ」も使っている音ですが、日本語の発音ではゴマを飛ばすことができません。

 英語は日本語に比べて、息を巧みに使う言語です。
 日本語よりも、子音ひとつひとつを大切に発音し、使う息の量も日本語とは比べ物になりません

 今までの本では、日本語の場合と同じように [k]を発音してしまう人も多かったのではないでしょうか。


 その他の内容としては、発音に配慮して作られた英語の文章があります。

 これは、ポイントが協調されて書かれているもので、通常の英文を読む場合に比べて発音への意識が刺激され、意識的に発音を身に付けることができます。また CD も付いているので、実際の音を聞いて、更にブラッシュアップすることが可能です。


 最後に、タイトルの理由について説明します。
 この本が『オバケの英語 』というタイトルをつけているのは、オバケとの会話文になっているからです。
 小説の主人公になって話を読み進めていけば発音が身に付くというスグレモノ


 難しい理論一切ナシの良書です。


『オバケの英語(宝島社)』(明川 哲也, クレイグ ステファン)




     関連書籍              My Yahoo!に追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。