資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



君は真実を知っているか?  『御伽草子』


2006年08月12日

君は真実を知っているか?  『御伽草子』

『御伽草子(上)(岩波文庫)』(注:市古貞次校)
『御伽草子(下)(岩波文庫)』(注:市古貞次校)


 平安時代から、様々な物語が作られ、それらは一般に御伽草子と呼ばれました。その数数百篇以上。
 この本『御伽草子』は、江戸時代の中期に大阪の書肆、渋川清右衛門が数ある御伽草子の中から23篇を選び『御伽文庫』、『御伽草紙』として刊行したものです。

 絵本です。挿絵があるというだけで、絵がメインではありませんが。
 (この岩波の『御伽草子』にも挿絵が入っています。底本と同じものらしい。)

・・・『御伽草子』について、詳しくは、この本の“解説”のところに書かれています。


 なぜ私がこれを読んだのか。

 中学の古文で、『浦島太郎』を読んだことがあった。教科書に載っていたし。

 そのとき、先生が、「原書を読んでみるといい」と言ったので、読んでみることにした。
 教科書には一部しか載ってなかったんです。

 まぁ、たいていの人は、薦められても読むことはなく、
 そのときも、クラス内、というか学校内で、読んだのは私一人。(・・。)



<衝撃の事実1>
 一番最初にをいじめたのは浦島太郎である。

 浦島太郎は、子どもたちからを救った英雄のように思われがちですが、それは現代版うらしまたろうでの話。
 長い間語り継がれた浦島太郎では、浦島が亀になんらかの方法で・・・。
 こどもたちはいつ頃登場するんでしょうか。

 一歩間違えばは死ぬところでした。


<衝撃の事実2>
 竜宮城のあった場所は、地上
 ヒラメやタイの舞踊りなんて・・・
 昔の人は、水中で呼吸ができないことを知っていたんですね。


<衝撃の事実3>
 浦島と結婚することを約束する。
 などなど。
 まぁ、の怪婚話です。

 さらに古いものでは、日本書紀、万葉集などがあるので、そっちのほうも読んでみたいと思っています。
 一番最初は丹後の国の風土記に書かれたものだそうですが、風土記は残ってないらしい。

日本書紀バージョンは、読みました。
http://eeoe.seesaa.net/article/24152401.html


 ちなみに、木幡狐は女と狐の怪婚話。


<衝撃の事実4>
 一寸法師が姫と一緒にいるようになったのは、一寸法師の策略。
 「いかにもして案をめぐらし、わが女房にせばやと思ひ、・・・」
 そこまで考えての行動だったわけです。


<衝撃の事実5>
 打出の小槌を振ったのは姫ではなく、一寸法師
 一寸法師は、自分で小槌を振って大きくなったのです。


 鬼は、一寸法師から逃げていくことになります。
 これは現代でも同じように描かれていますが、昔の記述には、当時の文化も伺えます。
 鬼はどこへ逃げていくのか。
 中国では、部屋のその方角の隅に死者を埋葬していました。


 いちばん面白いと思ったのは『御曹子島渡』です。
 『梵天国』もかなり面白い。

 『御曹子島渡』は、義経がかねひら大王のところへ行く物語。
 『十五少年漂流記』ではないが、冒険物。(話は短いし。)
 RPGを本にしたもの、といえばわかりやすいか。

 『梵天国』は、昔の思想なんかが強くあらわれている話だと思う。


 この本自体、短い話を集めたものなので、話は全て短いです。
 長くても40ページ未満です。
 短いので3ページ。二十四孝の1話ともなると、1ページ未満。

 イラストもまた面白いです。
 今だったら絶対にマンガにも出てこないような絵が描かれていますから。
 昔の思想が反映された絵となっています。

 話も、神や仏がかかわってくるものが多い。
 現代の話ではめったに見られないことだ。
 昔の人が神仏を敬っていた証拠だね。


 この『御伽草子』に入っているのは、
文正さうし
鉢かづき
小町草紙
御曹子島渡
唐糸さうし
木幡狐
七草草紙
猿源氏草紙
物くさ太郎
さざれ石
 (以上上巻。あとは下巻。)
蛤の草紙
小敦盛
二十四孝
梵天国
のせ猿さうし
猫のさうし
浜出草紙
和泉式部
一寸法師
さいき
浦島太郎
横笛物語
酒飲童子



 読みやすいのは、・・・
 『二十四孝』 とっても短い話を24個集めたもの。短いからすぐ読める。
 『和泉式部』 短い。
 『さざれ石』 かなり短い。面白さはあんまりだけど。
 『浦島太郎』 あらすじがわかっているので普通に読める。これも、短い・・・かな。
 『一寸法師』 同上。



 『さざれ石』って聞いたことありますよね?
 『君が代』に、「さざれいしの 巌となりて」って部分があります。
 その、(今では歌となっていますが)短歌

          きみがよは ちよにやちよに さざれいしの
                  いわおとなりて こけのむすまで

は、『さざれ石』の中に出てきますょ。


『御伽草子(上)(岩波文庫)』(注:市古貞次校)
『御伽草子(下)(岩波文庫)』(注:市古貞次校)

 『鉢かづき』は日本のシンデレラ物語といわれる。長い。




     関連書籍              My Yahoo!に追加
一度は読んでおきたい本!posted by けんじ at 22:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 文学に浸る本

この記事へのコメント
ランキングを見てきました。
はじめまして。

元の話はずいぶん違うものなのですね。
興味がわきました。

一寸法師や浦島太郎の顔が、
私の中で邪悪なものに変わりそうです。
Posted by 松田剛史 at 2006年09月12日 22:57
 コメントありがとうございます。

 昔話ってのは結構変わってくるものですょ。
 竹取物語、桃太郎なんかも昔のものとは違っています。

 なかなか自分からすすんで読む人はいないものですが、
 読んでみると想像以上におもしろかったりします。

 浦島太郎(浦嶋子)は日本書紀バージョンも読みましたので、近いうちに裏ブログにUPします。
Posted by けんじ at 2006年09月13日 11:27
はじめまして!私も本の虫で、かつ、かなりの古典ファンです。
けんじさんの切り口はシャープで辛口でとても面白く読ませていただきました!
私も最近ブログをはじめ、勉強中です。奇しくも”御伽草子”が題材です。ネットをふらふら捜し歩いていて、このページをみつけた所です。どうぞウチにも遊びにいらしてください。お客人に古典フリークさんがいまして、盛り上がっているところです。
是非お仲間に加えてやってくださいませ。
Posted by はなそうび at 2007年07月30日 02:16
はなそうびさん、コメントありがとうございます。

古典には、現代のものとは違った風格のようなものがありますよね。
私は今、日本書紀を最初からまじめに読んでみようかと思っています。(途中で飽きなければ続きます。)

リンクに追加させていただきます。
よろしく。
Posted by けんじ at 2007年07月31日 01:19
コメントを書く
記事と関係のないコメントは、管理人の独断と偏見に基づく厳正な判断の上で削除させていただきます。また、個人的な連絡等は、こちらからお願いします。

お名前: [必須]

ホームページアドレス:

コメント: [必須] 本の感想も大歓迎ですexclamation



この記事へのトラックバック
関連書籍

Amazon バーゲンコーナーから
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。