資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



教養を身につける本 − ☆英語の本


関連書籍(Javascript 使用)

2009年06月08日

英語の発音はオバケとゴマで解決! 『オバケの英語』

『オバケの英語(宝島社)』(明川 哲也, クレイグ ステファン)

 英語の発音を手っ取りばやく身に付けることができる本です。

 英語が日本語より多くの音を使うのは知っていますよね。英語が日本語より多くの息を使うというのも知っていますね。

 ではその音はどうやって出すんでしょうか、どのように息を使えばいいんでしょうか。

 この質問に答えられる人はわずかです。

 なぜなら、発音というのは“慣れ”だからです。

 ということは、要するに、CD を何回も聞いて、何回もマネをすればいいということになりますね。

 でもちょっと待ってください。
 それを終えるのにどれだけ時間がかかるんですか?


 その発音をさっと身に付けることができるのがこの本です。

 発音そのものの練習は必要ですが、発音の方法についてしっかりと説明されています。

 舌はどのように動かすのかどれくらいの息を使うのか


 もちろん、今までの本でも、舌の使い方息の使い方は書いてありました。ではなにがそんなに違うのか。


 今までの本との違いは、たとえを使っていて、舌の動かし方や息の使い方が明確にわかるところです。  口の動きがとても理解しやすいのです。

 では、その書き方について見てみましょう。
 P.50 にある [k] の発音についての記述を少しだけ引用します。

無声子音 k は、舌の後部を持ち上げて、
上あごの奥に張り付いてたゴマをクゥッと吹き飛ばす。

 この説明は、とても具体的で、また実際の発音正確に著しています。もちろん、図もついているので、迷うことはありません。
 今までの本だと、図がついていても、その後の息の使い方まではわからなかったのではないでしょうか。ここまで書いてあった本はなかったはずです。


 更にこの本の方法では、実際にゴマを使って自分の発音を確かめることができます

 今までの本では、自分の発音を確かめるためには外国人に聞いてもらわないといけなかったはずです。(自分の声を録音して聞いたところで、それが正しいのかどうかを判断するのは難しいですよね。)


 [k] は、日本語の「かきくけこ」も使っている音ですが、日本語の発音ではゴマを飛ばすことができません。

 英語は日本語に比べて、息を巧みに使う言語です。
 日本語よりも、子音ひとつひとつを大切に発音し、使う息の量も日本語とは比べ物になりません

 今までの本では、日本語の場合と同じように [k]を発音してしまう人も多かったのではないでしょうか。


 その他の内容としては、発音に配慮して作られた英語の文章があります。

 これは、ポイントが協調されて書かれているもので、通常の英文を読む場合に比べて発音への意識が刺激され、意識的に発音を身に付けることができます。また CD も付いているので、実際の音を聞いて、更にブラッシュアップすることが可能です。


 最後に、タイトルの理由について説明します。
 この本が『オバケの英語 』というタイトルをつけているのは、オバケとの会話文になっているからです。
 小説の主人公になって話を読み進めていけば発音が身に付くというスグレモノ


 難しい理論一切ナシの良書です。


『オバケの英語(宝島社)』(明川 哲也, クレイグ ステファン)




     関連書籍              My Yahoo!に追加
2006年04月06日

習うより慣れろ それが近道 『ロングマン現代英英辞典』

今回も期間限定コンテンツ つけました!
ずっと置いておくことにしました。

『ロングマン現代英英辞典(4訂増補版)』

 昨日、サイトsts162のmiryさんからメールでリクエストがありました☆
 彼女は今、高校2年生です。
 で、今日は英語の本を紹介します。
 (sts162は右斜め下のリンク集から行けますよ。)

 “辞書”なので、“本”という感じはあまりないですね。まぁ、でっかい単語帳といったところでしょうか。

 英語をやる上でオススメするのが英英辞典。
 英語に慣れる、英語の表現に早く慣れる。
   →少々難しい英語でも無理なく読めるようになる。
また、英語のニュアンスの違いが正確にわかる。

こちらのページにまとめました。

 英英辞典のメリット等については、以下のページにも書かれています。
   http://www.englmaster.com/
   http://www.st316.com/holen4.htm

 初めて英英辞典を使う人には、Longman Dictionary of Contemporary English(ロングマン現代英英辞典)がいいと損います。LDOCEって呼ばれてるやつです。左の画像のヤツ。
 2006年4月6時点で、LDOCEの最新版です。(ちゃんと調べてあります。)

 英英辞典はたくさんある。では、これのなにがいいのか。
  • まず、単語は、2000個の基本単語で説明されています。だから中学生でも無理なく読める(と損う)。(ごくごく一部、例外はあるけど。)

  • この辞書、私が初めて使った英英辞典。いろいろな本を読んで、初めて使うのに最適な辞書は、と探したところ、これにたどり着いた。つまりいろんな人が初心者に推薦しているというわけです。

 LDOCEは、コレだけじゃなくて、CD付のバージョンもある。
 僕が高校生のとき、書店で見たらCD付のしか置いてなかったので、CD付のを買いました。(そのときはCDナシのがあるなんて知らなかったし。)
 でも、CD付のはオススメしません。CDなんて使う機会、ないです。
 パソコンのあるところでしか使えません。
 そういうときはインターネットが使えるので、CDは必要ありません。(インターネットのことについては後述。)
 CDのついてないやつのほうが安いです。

 というわけで、このCDナシのをオススメします。

 多くの英語に触れて、英語になれることは非常に大切なことだと損います。
 日本語だって、結局は、小さいときから慣れてきたわけだし。

 Longmanが物足りないと損う人にはコレ。
The Oxford Advanced Learner's Dictionary
 これは私も使っています。
 手ごろなサイズの辞書の中で、収録語数が一番多い(はず)。

 Oxford の English Dictionary は、昔から OED と呼ばれ、親しまれてきました。
 これも、CD付のがあります。日本向けのも出てますょ。Oxfordの中では、これがいちばん安いです。
コチラ→オックスフォード現代英英辞典
 私が買ったときは、残念ながらまだ輸入版(ペーパーバック)しかありませんでした。
 日本向けのは、カバーもついて、輸入版より安くなってます。もちろんCD付のもあります。
 (この 7th edition が最新です。)

 初心者向けに、LDOCEを紹介しましたが、ちょっと前に、出て、評判もいいのがマクミラン英英辞典。
コチラ→マクミラン英英辞典
 ただ、知名度は低い。
 しかし、“ロングマンよりもわかりやすい”という評判もある。
 書店で見てみた・・・まぁ、いいんじゃないでしょうか。
 (私は 必要がなかったので買いませんでした。)

 英語の文章をよく書くってひとには、これがおすすめ。
 Longman Language Activator
 もっと小さいのから始めたいんならコレ。(オススメはしませんが。)
 ロングマン 新英語表現辞典
 Longman Essential Activator
 これは外国版のほうが安い。(記事作成時点ではね。)

 こういうわけで、英英辞典といってもたくさんあります。このほかにもたくさん。
 どれがいいか迷っているという人は、まず、一番最初に挙げたロングマンを使ってみてはいかがでしょうか。

 どれにするか迷っている(特に高校生以下の)人には、上に挙げたものから、どれかひとつ、使ってみることをおすすめします。悩みすぎるのは時間の無駄です。小学生のときに使った国語辞典を、高校生になっても使っているという人はいないはずです。(小学生の時から広辞苑を使っているという人は別として・・・。)必要があれば、自分に必要な英英辞典がわかってくるはずです。それは、語彙数であったり、専門分野などによって変わってきます。自分の趣向によっても違ってくるかもしれません。それに、使い始めたからわかってくるということも多いはず。英英辞典を全く使ったこともないのに英英辞典のよしあしを判断するのは不可能です。一般によく使われているもの、それなりの評価を得ているものを、手にとってみることから始めてみることが大切だと思います。



↓英和辞典・電子辞書・日本語付英英辞典・インターネットについてはこの下!↓
↓今日の期間限定コンテンツもこの下!↓
続きを読む


     関連書籍              My Yahoo!に追加
2006年03月17日

英語マスターへの道 『英語は絶対、勉強するな!』

『英語は絶対、勉強するな!(サンマーク文庫)』(鄭 讃容)
『英語は絶対、勉強するな! 2(サンマーク文庫)』(鄭 讃容)

 出版されて何年も経つ本ですけど・・・
 これ買って何年も経つんですけど・・・
 やり始めたのは今年の2月。

 誰にでもできる方法だけど、長く続けられるかどうか。つまり忍耐力が重要だと思う。

 僕はSTEP1でCNNニュースのCDを聴き、なぜか途中でAFNのCDに変更。で、いまAFNのCDを聴いている途中。
 昨日ポータブルMDプレイヤーでも聴いてみようと思って、MDに録音。イヤホンとかが嫌いだからポータブルは基本的に使わないんだけど。

 この本の著者によれば、この方法を使って英語をマスターするのと、映画を何度も見て英語をマスターするのは同じことらしい。後者のは、大人にはいろいろと難しいらしい。

 で、STEP1だが、AFNのCDを使っているのは妥当だろうか。(ーー;)
 そう 思うのであります。

 最近本屋で見かけるのがコレ。
 『聞き取り・書き取り用CD付 英語は絶対、勉強するな!(サンマーク出版)』(鄭 讃容)
 CD付の本。このほかにもいくつかあるけど。

 こぅいぅのを使おうかと思ったりもする。
 自分でCD選ぶよりは確実かと。

 ただ、ここクリックしてレビューのところ見てもらえればわかるけど、あんまり評価がよくないのだ。

 簡単な英語のCDだと、英語がすぐ聞き取れちゃう危険性もあるし。
 中学・高校の学習の成果ですけどね。

 結論としては・・・このままAFNを聴き続けるっあせあせ(飛び散る汗)

 STEP1の“休みの日”。
 あの日を経過すると、かなり変わるよね?
 まともに聴くようになってから、1、2回しか“休み”を経験してないんですけどね。

 6日やって1日休む・・・4日やって1日休むのでもいいんじゃないかと思ったりもするんだけど。

 専用のSNSを作った! (2009/5/29)
 みんな、英語上達に使ってくれ!


 そうそう、昨日
  カラダを使いこなしたい 『古武術で目覚めるカラダ革命』
を書いて、そこで紹介した
  『古武術で目覚めるカラダ革命(学研ムック)』(長野 峻也)
の中に、『何度も英語を聞いていると、ある日突然英語が聞こえ出すように・・・』っていうような表現があった。
 「コイツ、英絶やったのかexclamation&question」って思った(笑)

 で、さらに昨日、こんなページを見つけました。
  TOEICにも役立つ!英会話・英語学習を楽しくする!

 英絶に似てるやり方だ。
 日本語の介入があるところが、英絶と違うね。

 英絶を終えるまでに、どれだけの時間がかかるかわからないけど・・・やるしかにゃいダッシュ(走り出すさま)


     関連書籍              My Yahoo!に追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。