資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



教養を身につける本 − ☆化学の本


関連書籍(Javascript 使用)

2009年05月25日

入試問題 実践の定番 『実戦 化学 I・II 重要問題集』

『実戦 化学 I・II 重要問題集 2009(数研出版)』
(他科目(物理・生物)もあります。2009/5/25時点ではこれが最新版。)


 大学入試のための問題集です。

 この問題集は、大学入試問題から良問を集めてあり、とても実践に即した問題集となっています。
 ほとんどの問題集について言えることですが、学校の授業や、独学等で、ある分野・項目について理解した後に、すぐに解いていくのがいいと思います。

 あとからやろう、と考えている場合、あとになったら忘れていることが多いので。
 私は、高校1年のときからこれを使っていました。
 高校では、3年生のときにこの本を買わされました。
 損をしました。(T-T)

 でも、それだけ使える問題集だと、先生からも認識されている本なんです。


 おすすめポイントは・・・

 まず解説が詳しいです。

 解説は別冊になっていて、問題と同じだけの厚さ、つまり本の 1/2 が解説になっています。また、別冊になっているので、問題と一緒に開いて見ることができます。

 そして良問揃い

 各大学が1年に1度しか出さない入試問題を集め、そのなかから良問だけを厳選して載せているので、本当に実践的実力がつく本です(重要なことなので2回書きました)。


 言い方を変えれば、この問題集は、過去問集です。
 ここが重要です。

 どの大学でも、聞くポイントって変わらないんです。
 そして、入試問題は、必ず過去に出した入試問題をもとに出題されます。過去問題は、受験生だけでなく、大学側も見ているんです。
 大学がどんな問題を出すと思いますか?
 過去問と同じスタイルになることはわかりますよね。

 資格試験でもそうですが、過去問が重視されているのは、こういう理由によるものです。
 化学の過去問、それも良問だけを集めたこの本を使うことは、大学入試を受けるにあたって、理にかなった方法だと思いませんか?


 ただし、気をつけてほしいことが2つあります。

 ひとつは、必ず参考書を使うということ。

 仮にベンゼン環についての問題で、ほとんどわからず、間違えてしまったとしましょう。
 解説は詳しいですから、この問題を解くのに十分な知識は、この本から得ることができます。
 しかし、ベンゼン環についての広い知識と応用力をつけ、ベンゼン環のあらゆる問題に対応できるようにしようと思ったときには参考書が不可欠です。
 元となっている理論を理解しないと意味がありませんから。

 化学の高校用参考書で一番オススメなのは、ここの下にのせたやつです。理系化学精説もいいと思います。

もうひとつは、無理をしないということです。

 実践の入試問題というだけあって、しっかりした知識がないと、まず解けません。
 知識については、参考書などを見てインプットするのも大切ですが、中にはアウトプットを繰り返さないと定着しない知識もあります。
 私にとっては無機化学がそうでした。

 知識が身についていなくて解けない、そういうときは、基本を身につけるための問題種を使ってからこの本を使いましょう。基本の問題種は、『実戦 化学 I・II 重要問題集』超GOODです。

 一見回り道に見えるかもしれませんが、かえって確実早道です。
 中学1年生が積分の本を見続けるのと、基礎からさっさと勉強して積分を習得するのと、どちらがはやくて着実か、わかりますよね?


 最後に、問題集落とし穴について説明して終わります。

 この本を最初にやるときは、とても時間がかかるかも知れません。初めて問題を見て、初めて見る解説をじっくり読むんですから。でも2回目は1度見ている問題です。1度理解した解説です。どこがポイントなのか、理解するのは早くなっています。3回目にやったときにはもっと早くなっています。

 つらいのは最初だけです。私も最初にやるときは、なんでこんなに遅いんだろう、と悩んだことが何度もありました。
 でも、1度やってしまえば、あとは面白いように理解できましたし、逆に言えば、何回も(3回以上)やってこそ実力がつくようになりました。

 1度やってしまえば面白いように理解できる。
 やればできる。がんばろう!

『実戦 化学 I・II 重要問題集 2009(数研出版)』



     関連書籍              My Yahoo!に追加
2006年08月10日

基礎からしっかり  『理系標準問題集 化学』

『理系標準問題集 化学(駿台文庫)』(石川 正明,片山 雅之,鎌田 真彰,仲森 敏夫,三門 恒雄)

(高校生向け)


 ‘理系標準’と書かれていますが、別に難しくありません。

 難しくはないけど実力はしっかりつく。


 (1.確認問題)+(2.基礎問題)+(3.各大学の過去問) という構成です。


 私が買ったのは、無機化学を勉強してしばらく経った頃です。

 無機化学は、覚えることが多いと思います。
 それを、正しく覚えないといけない。

 そこで私は、「必要なもの正確にしっかりと覚えられる本はないか」と考えました。

 考えて書く
 これが覚える上で大切だと思います。
 当然、自分で考えて書いたものを、自分で見ることになります。

 参考書を見るだけだと、たいていは、見るだけで終わってしまいます。
 常に考えるということをするには、問題にあたるのが一番だろうと思いました。


 そういうわけで、本屋でいろいろ見て選んだのがこの本。

 この本のいいところは、
 1.確認問題が充実している、
 2.基礎問題知識を深め、関連付けることができる
 3.各大学の過去問で、さらに知識を深めることができる
 1.確認問題、2.基礎問題3.各大学の過去問、と、難易度に大きなギャップがなく、スムーズに実力を向上させることができる
 解答が別冊になっていて、問題部分と同じ厚さ(それだけ詳しい
というところです。


 物理のところでも書きましたが、やっぱり誘導がうまいです。

 この問題集は、知識を実力に結びつけるのはもちろんのこと、問題のうまい誘導と、詳しい解説で、知識・理解をさらに深めることができます。
 手を動かしながら、更なる勉強ができるんです。

 基礎からできる問題集です。


 私が無機化学の分野をモノにできたのは、この問題集のおかげです。

 わからなかったことがテストに出たら、教科書・参考書ではなく、この問題集を見るようにしていたくらいですし。

 この本で、化学の良問に出会うことができました。


 化学で困っている人、問題集はこれをおすすめします。

 これさえやれば、ほかの問題集に手をつけなくても大丈夫です。


『理系標準問題集 化学(駿台文庫)』(石川 正明,片山 雅之,鎌田 真彰,仲森 敏夫,三門 恒雄)


 基本の確認にももってこいです。

 過去文にバンバンあたっていきたいという人にはこっちがおすすめです。


     関連書籍              My Yahoo!に追加
2006年08月04日

見てわかる  『- 視覚でとらえるフォトサイエンス -  化学図録(数研出版)』

『- 視覚でとらえるフォトサイエンス -  化学図録(数研出版)』


 この記事を書いている時点では最新版ですが、いずれ改定・増補されるかもしれませんので、ここ→ >“化学図録 数研出版”で検索< で一度お調べになることをオススメします。クリックすると検索できます。

 高校以下の化学を勉強する人、化学を見てみたい人におすすめします。


 バリウムの炎色反応は緑色です。

 さて、どんな緑かわかりますか?


 カリウムの炎色反応は紫色です。
 ナトリウムの炎色反応は黄色です。

   ・・・・・・


 Ag2O は水に難溶の茶褐色の沈殿です。

 茶褐色ってどんなですか?


 過マンガン酸カリウムは、紫色の物質です。

 どんな紫色でしょう。 



 言葉で表すのには限界があります

 百聞は一見にしかず。一度見てみるのが早い。


 ということもあって、私は購入しました。
 高校で無機化学の授業にさしかかったときに。

 好きなときから使い始めればいいですけど、高校に入ったら、必ず使って欲しい1冊です。

 中には理論基礎から有機分野まで載っています。


 無機化学は覚えることが多い。重要な反応なんかもある。

 それに、実際に実験ができる回数や種類も限られてくるし、写真でも撮っておかないと、などは忘れてしまう。

 そこで買ったのがこれ。


 当然ですが、金属を含む様々な元素について、写真が入っています。

 また、その元素で作られている物の写真も多い。

 そして、化学反応、反応機構についても写真を用いた見やすい説明がある。


 反応を“”と“記号”で見られるというのは非常に有益です。

 “記号”だけで覚えても“”と結びつかなければ意味。

 “”だけ覚えても“記号”や名前と結びつかなければ意味がない。

 “”と“記号”、式、名前を同時に見る、これはとても効果がありました。


 購入した時期からして無機化学メインで使っていました。

 繰り返しになりますが、原子核、化学平衡、熱化学方程式なんかについても書かれています。


 最近では私の通っていた高校でもこの資料を買うようになったようで、従妹が持っていました。

 従妹が「わからない」というので本を持ってきて読むように支持したところ、わかったという・・・。

 どんなにいい本でも、使わないと意味がないです


 では、資料集はほかにもあるのにナゼこの本を薦めるのか。

 それは、余白・色をうまく使っていて、見やすいからです。

 たとえば東京書籍も同じようなのを出していますが、私が思うに、ゴチャゴチャしていて見にくい。

 ほかにもだしているところはありますが、今まで見てきた中では、これが一番見やすいです。


 化学では、沈殿炎色反応を学びますが、実感がわいていないという人の方が多いんじゃないでしょうか。

 自然を扱う学問である以上、化学は身近にあるんです。
 是非そういう知識を身につけて、また使えるようになってほしいです。


『- 視覚でとらえるフォトサイエンス -  化学図録(数研出版)』

 値段も手ごろだし、普通に読んでも飽きない。
 Amazonのレビューもどうぞ。


     関連書籍              My Yahoo!に追加
2006年04月22日

一を聞けば十がわかる 『暗記しないで化学入門』

『暗記しないで化学入門(講談社ブルーバックス)』(平山 令明)

 中学生・高校生に薦めたい化学の本。
 化学をやりなおしたい人にもおすすめします。

 この本では、一貫して電子に注目している。
 なぜ、分子はその形になるのか、なぜ反応はそのように起こるのか、なぜ1分子中の同じ原子でも位置によって違ってくるのか、・・・。
 いとも簡単な構造式で表されるその分子、ほんとうにそんなに簡単なものなのだろうか。
 どうしてこの化学反応が!?
・・・など、電子に注目することで、簡単に理解できることがわかります。

 “暗記しないで化学入門”と書いてありますが、中学の化学を勉強し始めたぐらいに読むのがいいと思います。
 私自身、中学2年の終わりごろから読み始めました。
 本の最後のほう、DNAやアミノ酸のことが書いてある部分は、高校に入ってから読みました。難しかったので。
 でも、70〜80%は中学のときに無理なく読めた記憶があります。

この本を読んで・・・
 一番衝撃的(?)だったのは、“H”。“H”は水素イオンとして教えられますが、実際には、Hだけで存在しているわけではないのです。
 役に立ったと思うところは、一番は、電子の位置。中学では、「原子は、陽子と中性子と原子からできている」と教えられます(高校だったかもしれないが、少なくとも中学生用の参考書には載っている。)。陽子と中性子は核を作り、電子はその周りに存在している。確かに電子は存在しているんだけど、どこに? 他の電子との位置関係は? この知識、とても役に立ちました。特に高校で。
 それから、電子にはたらく力。構造式で書かれた分子、電子はどこに存在しているのか。ちょっと真ん中寄り? それとも真ん中から離れている? 特に、化学反応を考えるときに役に立った。
 あとは、二重結合のところも役に立った。説明がわかりやすい。学校の教え方とは違い、とてもよい例えで説明してある。しかもこの例えは非常にイメージしやすく、あらゆるところで適用可能。学校では、ただ教科書に書いてあるのを読むような感じで教えられたけど。
 
 ほかにもいろいろありました。


 この本で、電子の動きを理解しておけば、化学の理解は うんと楽になります。
 化学を深く学ぶことができます。

 この本に書いてある電子の話は、高校では教えてくれないものが殆どです。
 知っておくと、絶対に理解が深まります。


 実はこの本、高校の化学の先生が推薦していた本でもあるんです。
 高校に入学したとき、授業の説明&推薦参考書が書かれた冊子が配られました。(どこの学校でも配られるんでしょうか。)
 そこに書いてありました。
 まぁ、その時点で既に80%程度を読んでいたので、私にはどうでもよかったんですけど。


 高校1年のとき、化学の授業で「分子の形」について教えられたことがありました。教えられたといっても、先生が、教科書を読んで、ちょっと黒板に書いただけなんですけど。
 メタンが四面体だとか、アンモニアが三角錐だとか。
 この本を読んでいた私には、とっても簡単なことでした。
 電子の性質がわかっていたから。
 そのとき、ある女子生徒が・・・分子の形を覚えようとして、覚えられずに困っていました。
女:じゃあ“メタンは四面体で、水が三角形で、アンモニアが三角錐で、エチレンが四角形”って覚えればいいのか。
俺:その覚え方だと絶対に破綻する。
(この本読めば、ひとつずつの分子の形をいちいち覚えなくても済みます。ひとつずつ覚えてたら、そのうち限界がきます。)
  ・・・・・・
女:せんせ〜、メタンが四面体でアンモニアが三角錐って、ひとつひとつ覚えようとしたら、『そのやりかたやと破綻する』って言われた〜
先生:破綻するやろ〜な〜



 ついでに高校生向けの化学の参考書を紹介しておきます。

『化学IB・IIの新研究(三省堂)』(卜部 吉庸, 渡辺 格)

 私が使ったものではありませんが、多くの生徒が、「この参考書が詳しい!!」と言って、使っていました。「この著者の本はイイ。」と言っていた人もいました。「この著者の本なら是非買いたい。」とかなんとか。

 私も見せてもらったことがあります。
 非常に詳しい。私もこの参考書にすればよかった・・・と思いました。(__;)

 化学の問題で、わからないところがあったので、友達に聞いたことがありました。(そいつは、数学の問題でわからないことがあると、僕に質問してくるやつでした。だから、僕が質問したときには、快く答えてくれるだろうと思って質問しました。)
 しかし彼にもわからなかった。で、彼はどうしたかと言うと、この参考書で調べて教えてくれました。
 僕が持っていた参考書には載ってなかったので、
  「ここまで載っているのか〜」
と、関心してしまいました。

 で、アマゾンのレビューを見てみると・・・・・・なんと五つ星
 高い評価を得ているんですね。
 参考書でお悩みの方、検討してみてはいかがでしょうか。


 高校生向けのオススメの化学の問題集もあるんだけど・・・この記事は長くなったので、ここでは書きません。(o・・o)/~マタネェ


     関連書籍              My Yahoo!に追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。