資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



音の本


カテゴリ 「 音の本 」 の記事一覧
関連書籍(Javascript 使用)

2006年08月09日

音、こだわってる?  『音のなんでも小事典』

『音の何でも小事典 - 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで -(講談社ブルーバックス)』(編:日本音楽協会)


 ポッ・ポッ・ポッ・ピー


 “”を知らない人はいないと思います。

 が出れば振動が起きて、物が震えることだってあります。

 鉛筆で文字を書くとき、摩擦音が出ます。
 洗濯機が動くとき、モーターから音がでます。
 自動車が動くときのエンジン音。
 セミの鳴く声。

 あってあたりまえの存在になっていませんか?

 こうして私が記事を書いているときも、キーボードを打つ音が出ています。


 この本は、私が中学生のときに読んだ本。


 いくつかピックアップしてみます。

<1>
 今や、コンピュータの時代。
 日本では殆どの人がパソコンを持っています。
 ある業界では、電子化が義務付けられている書類もあります。

 さて、みなさん、チャットをやったことはありますか?

 いろいろなチャットサービスはありますが、ヤフーやスカイプなんかでは、ボイス機能といって、声を届けることができます。
 いわゆる電話みたいなもの。

 私もチャットでボイス機能を使ったことがあります。

 そのとき知ったのは、“イヤホンがマイクに使える”ということ。
 実際は、使える場合と使えない場合があります。

 さて、マイクになるイヤホンと、マイクにならないイヤホン、なにが違うんでしょうか。

 答えは本書の49項。

 たいていの家にはこれと同じ仕組みを使った設備があります。


<2>
 CDは、非常に優れたメディアで、クラシック等、音楽をきれいに収録しています。

 しかし、それで満足ですか?

 CDよりも綺麗に収録できるメディアがあるんです。

 私は使ったことがありませんが、一般の人でも手に入れて聴くことのできるメディアです。
 (σ(・・*)一応名前は知っていました。)

 詳しくはマメ知識7。


<3>
 コントラバスは非常に低い音を出す弦楽器です。
 金管楽器ではチューバが低音を出します。

 これらの低音楽器、デカイですよね?

 どうしてあんなに大きいのか、知っていますか?

 それに比べて高い音を出す弦楽器、バイオリンは小さいです。

 どうしてあんなに小さいのか、知っていますか?

 答えは4項。


<4>
 ものすごいを出している車、ありませんか?

 車の中でかけている音楽の低音部だけが、やけに響いてくる車。

 街中で見かけませんか? 私はよく見かけたことがありますよ。

 なぜ、低音部だけが響いてくるのでしょうか。
 低音部だけでできた音楽を聴いているからなんでしょうか。(それは稀です。)

 低音部が聞こえるのにはワケがあります。



<5>
 カミナリ、が出ますが、も出ます。

 カミナリはもともと、電気が動いているんですよね?
 電気が動いているだけなのに、なぜがでるんですか?


<6>
 で掃除できるの、知ってました?

 メガネのクリーニング、でやっているところを見たことありませんか?

 どうしてで洗浄できるんでしょう。

 答えは54項。


<7>
 すいかを叩いたこと、ありますか?

 いい西瓜、悪い西瓜。

 どうしてあれで違いがわかるんでしょうか。

 叩いたときの、あのを変えているのはいったい何なんでしょうか。

 答えはコラムで。



・・・というわけで、7つ挙げてみました。

 身近にある音ですが、いくつわかりましたか?


 日本音楽協会の編集となっています。
 執筆者は、
東倉 洋一さん   音声・聴覚研究の専門家
赤木 正人さん   音声信号処理・聴覚機構のモデル化が専門
坂上 公博さん   建築・環境音響学の専門家
鈴木 陽一さん   聴覚情報処理・音響信号処理が専門
中村 健太郎さん  波動応用デバイス・振動音響センサの専門家
山田 真司さん   ゆらぎの専門家

『音の何でも小事典 - 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで -(講談社ブルーバックス)』(編:日本音楽協会)


 じゃ、目次載せときます。(一部伏字)
>> 続きを読む >>


     関連書籍              My Yahoo!に追加
一度は読んでおきたい本!posted by けんじ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音の本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。