資格・検定



セキュリティソフトを使っている場合、ソフトによっては うまく表示されない場合があります。
(Norton Internet Security をお使いの方は、広告ブロックをオフにするだけでも、見ることができます。)

書店リンク

セブンアンドワイ
CD・DVDもあるょ

ブックサービス
VIDEO・CD・DVDもアリ

全国書店ネットワーク e-hon
CD・DVDもあるよ

オンライン書店 boople.com(ブープル)
DVD・CDもアリ 予約もできる

アルク・オンラインショップ
語学関連の本・CD・DVD・ソフト

モノ・マガジン オンライン
主に雑誌。上のほうの WPP books ってのをクリックすると、本のページに行けます。


中古&新品

ユーブック
CD・DVD・ゲームもあるよ


電子書籍

電子書籍の本屋さん


<本を書きたい人向け>

印税生活へのパスポート


<日経のページに行けます>




音楽

Sony Music Shop
通販限定商品アリ



まんが


関連書籍(Javascript 使用)

2010年02月21日

君はこんなにも熱い友情を見たことがあるか 『河童の三平』

君はこんなにも熱い友情を見たことがあるか 『河童の三平(ちくま文庫)』(水木しげる)


昔から語り継がれてきた妖怪、河童。
主人公が河童と入れ替わるというストーリー。

水木しげる、彼の作品だ。

水木しげるの作品は、和やかで親しみがある。主人公が妖怪であったとしてもだ。

そして彼のマンガ作品は、昔のものほど味がある。
ゲゲゲの鬼太郎』よりも、その前作『墓場鬼太郎』のほうが人間味があっていい。
海外の人も、実は墓場鬼太郎のほうが好きだったりする。

この『河童の三平』も人間味あふれる作品だ。

河童の三平』がこんなにも魅力的に思えるのは何故なのだろうか。その理由は3つある。

  1. 親しみやすいイラスト
  2. 読むものを飽きさせない展開
  3. やさしさ

1. 親しみやすいイラスト

水木しげるは、三平やたぬき、死神を、あえてあのスタイルで書いている。"あのスタイル"といっても、見ていない人には伝わらないのだが、全てを言葉で表現するのは難しい。

掻い摘んで書くとすれば、イケメンが出てこない上に、我々の知っているものしか出てこない生活感あふれるスタイルなのだ。


2. 読むものを飽きさせない展開

主人公の三平は、小学校に行き始めて間もない頃、祖父が死ぬということを知らされる。通常ではありえないこの急展開。

三平は、なんとしても祖父を助けたいという一心で、死神を相手に策をめぐらす。祖父のために必死になる三平には、現代では失われてしまった"愛情"が垣間見える。この愛情こそが我々日本人の心にぐっとくる。

祖父が死に、そして父も死ぬ。全ては死神の仕業なのだが。この死神は、ゲゲゲの鬼太郎でいうところのねずみ男のようなやつだ。
決して親しくはないが、やたらと付きまとう、ずる賢いヤツ

読むものを飽きさせないエッセンスがこの死神で、三平は、何度も死神の罠にはまってしまう。主人公がほのぼのとしている上に、「死神の罠だ!」というのが読者にわかってしまうため、ことあるごとにハラハラしてしまう。

それ死神の罠なのに……えっ、それでいいの!?


3. やさしさ

第4話あたりから、三平の優しさが現れてくる。
「面倒をみなくちゃいかん」と芯のしっかりした三平。投げ出すこともなく、小人たちの面倒を見ようとする。さらに三平は、第8話で、すごい友情を見せてくれる。

タヌ吉と河童が一緒になって、三平の母を悲しませぬようにと一芝居演じるのだ。タヌ吉と河童の、他を思いやる気持ち、そして、三平、タヌ吉の友情は、今までに見たことのない大きいものだった。

そんな友情を持っている人が何人いるだろうか。


妖怪・動物ばかりのキャラクターで、人間味あふれる作品を作ってしまう水木しげる
しばらく前まで「マンガなんて・・・」と思っていた私だが、今では片っ端から彼の作品を読み漁っている。

河童の三平』は、利根川べりに伝わる河童伝承の秘薬「三平こう」をもとに、水木しげるがつくったものだとか。『河童の三平』自体は、1961年に描かれた作品だ。
こんなにも語り継がれる妖怪「河童」なんてのも珍しいと思いますが。(・・。)


君はこんなにも熱い友情を見たことがあるか 『河童の三平(ちくま文庫)』(水木しげる)



     関連書籍              My Yahoo!に追加
一度は読んでおきたい本!posted by けんじ at 20:37 | Comment(16) | TrackBack(0) | まんが
2009年11月09日

第二次世界大戦を操った男 『劇画ヒットラー』

第二次世界大戦を操った男 『劇画ヒットラー(ちくま文庫)』(水木しげる)

≪文庫≫


≪単行本≫

 水木しげるの『劇画ヒットラー』。

 水木しげるといえば、あの『ゲゲゲの鬼太郎』じゃないのかと思う人もいるだろう。私もそう思った。


 実は、水木しげる戦争をテーマにした漫画を多く描いている。

 この『劇画ヒットラー』もそのひとつ。
 ただ、戦争について描かれているのはほんの一部だ。
 戦争というよりも、ヒットラーの個性を、飛び出るように表した書籍である。



本当のヒットラー

 アドルフ・ヒットラーは頭がいい
 すべてを意のままにあやつり、押し通してしまう、
究極ネゴシエーターだ。


- 1 -
 ナチス党が混乱し、分裂寸前の危機に直面しても、
3分以内に合意の下に結論を出させる。(148ページ)

 彼が結論を出すのではなく、出させるのである。

 ナチス党のメンバーは皆、党を続けていく気力さえ失っていた。
 そんな党メンバーを一気に動かすアドルフ・ヒトラー。あなたのまわりにこんな人がいるだろうか。
 彼でなければ党は絶対に動かなかっただろう。


- 2 -
 誰もが無理だと思うような境地でさえも、
1人で15人ものフランス兵一網打尽にする。(45ページ〜)

 決して手は出さない。
 見事というほかない心理戦
 15人のフランス兵が一瞬にして震え上がる瞬間は彼の才能におびえてしまう。


- 3 -
 全員が反対する、明らかな形勢不利に陥ったとしても、
数十人を一転させて、思い通りの結果を出す。(116〜120ページ)

 なんで「党から除名すべきだ」と言っていたやつらが、4ページ後に「間違っていた」「従うしかない」なんて言い出すんだ。
 ひとりも賛成するものはいなかったというのに。


 どうやったらこんなことができるんだ。


 それでも愛した女性の死には眠るしかないほどの悲しみを負う。(137ページ〜)
 なにものにも惑わされることなく進んできたヒトラーが何日も動けなくなる姿は衝撃的だ。

 そんな、なにもかも、全てを正面から突き通す、槍のようなアドルフ・ヒットラー

 私は吸い込まれるように読んでしまいました。

 是非読んでくれ! というオススメの一冊です。

第二次世界大戦を操った男 『劇画ヒットラー(ちくま文庫)』(水木しげる)

>> 続きを読む >>


     関連書籍              My Yahoo!に追加
一度は読んでおきたい本!posted by けんじ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | まんが
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。